HYOUGA

WELCOME!

どーも、一般社会人です。

毎日ブログ更新をしています!

様々なことを記事にしているのでブログ自体にテーマはありません。その時々でいろいろな内容について更新していますので、ブログの読者登録をしておくことをお勧めいたします。

自然環境が好きで、休日には散策するのが大好きです。料理なども好きで、時々ブログには作ったものなどを載せたりもしています。

ブログには上記のような内容の他にもニュース記事を題材とした個人の感想やアメーバピグ関係もやっているのでピグ関連記事も書いたりしてます。

記事一覧(78)

ファミマの人気タルト、新作は「宇治抹茶×ホワイトチョコ」

【直虎】“大河俳優”真壁刀義が誕生

NHKで放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に柳楽優弥演じる龍雲丸率いる一党の一味、力也役で出演する新日本プロレス所属のプロレスラー、真壁刀義。IWGPヘビー級王座など数々のタイトル獲得歴を誇りながら、最近では「スイーツ真壁」としてバラエティー番組で全く違う顔も見せる。その多面性にピンときたプロデューサー陣が真壁を抜てき。大河ドラマは初出演となる。“大河俳優・真壁”はどのように誕生したのか。インタビューは約1時間、真壁がほぼしゃべりっぱなしだった。 ■大河ドラマのオファーに「ビビリました」――出演オファーを受けた時のことを覚えていますか?【真壁】マネージャーが「大河の撮影入りました」と言ってきたので、「え? 何言ってるの? そんなことあるわけないだろう?」と、2度聞き返しました。「本当です」「そうか本当か。で、なんでだ?」と思いましたね。びっくりしました。大河といえば、一流の俳優さんたちが集まっているものでしょう。俺、プロレスラーですよ。スイーツ真壁ですよ(笑)。とにかく、ビビリました。 ――真壁さんが演じる力也は、龍雲党の中で最も屈強な男で、賭博場を開くなど、問題行動もあった(第22回)が、根は善良で仲間思いの熱血漢というキャラクター。 【真壁】役をいただけるなんて、最高の栄誉。喜んだ後にプレッシャーですよね。晴れ舞台を用意してくれた人に恥をかかせるわけにはいかない。でも、まともに演技なんてしたことがない。そんな自分が呼ばれた理由を考えましたね。プロレスラーですから体は鍛えている。力也は屈強で力持ち。そのまま俺じゃないか、って。俺らしく、真壁刀義で勝負するしかないと腹をくくりました。  プロレスでは首に巻いたチェーンがトレードマークなんですが、力也は赤い組ひもを首にかけています。差し色になって、おしゃれでしょ(笑)。毛皮も羽織っているんだけど、衣装や小道具のおかげで、力也ならどういう身振り手振りをするか、動きがイメージしやすかったですね。  ドラマや映画に出るのは初めてではないけれど、いままでは真壁刀義役というか、俺のままで成立したけれど、今回の力也は、自分と似ているところはあるけど真壁刀義ではないし、ましてやスイーツ真壁でもない。柳楽くんが演じる頭(かしら)のことを第一に考えていて、頭を盛り立てていこう、頭のために殿(直虎)のことも支えよう、という男なんですが、そういう忠義心が撮影をしながら自然と生まれてきて、そういう経験も初めて。このドラマに出演できてよかったと思いました。 ■プロレス界ために、プロレス以外のことを――本業のプロレスを休んで収録に参加したそうですが、そこまでする理由は?【真壁】プロレス以外でメディアに出るようになったきっかけは、『スッキリ!!』(2012年、日本テレビ)のスイーツコーナーでした。好きで始めたスイーツのブログを番組スタッフが見つけて、声をかけてくれたんです。俺の子ども時代は、誕生日やクリスマスなどの特別なときしかスイーツは食べられなかったし、食べたとしてもショートケーキ1個とかね。将来、働くようになったら、自分の稼いだ金で好きなだけスイーツを食べてやるって、子ども心に思っていたのが、いまにつながっているんでしょうね。  『スッキリ!!』からスイーツの食レポをやってほしいと依頼を受けて、最初は断ったんです。そういうのは俺の仕事じゃないんじゃないか、って。「真壁さんが出ることで何が生まれると思いますか?」と説得されたんだけど、当初はわからないまま始めた。やっていくうちに、スイーツ真壁をきっかけに「この人プロレスラーなんだ」と興味を持ってもらえれば、プロレス界に還元できると気づいて、それは俺がやるべき仕事だと思うようになったんです。  俺、こうみえて、新日本プロレスのタイトル全部獲っているんですよ。もう一回いいましょうか?(笑) プロレス界で目指せるものもまだあるけれど、それ以上にプロレス界全体を盛り上げるためにできることをしていこう。そのために芸能の仕事も頑張ってみようと思うようになったんです。 

『希少な“カラカラオレンジ”使用 贅沢感アップの濃厚ゼリーを堪能|最新グルメニュース|JOSHI+』

フジッコの人気フルーツゼリー「フルーツセラピー」シリーズに、発売15周年記念フレーバー『カラカラ&ブラッドオレンジ』が、5月1日より新登場する。喉ごしが良く、つるっと食べられるゼリーは、夜のスイーツタイムにもぴったり。日本ではまだ馴染みのない希少品種「カラカラオレンジ」を使った、新しい味わいを食べてみた。  みずみずしいフルーツの味わいと、ナタデココの独特の食感で人気の同シリーズは、発売から15周年を迎えるロングセラー商品。バレンシアオレンジやグレープフルーツなどが定番として人気だが、今回は記念フレーバーとして『カラカラ&ブラッドオレンジ』が期間限定で登場。鮮やかなブラッドオレンジカラーと、ゼリーからのぞくゴロゴロとした果実が、スイーツ欲を刺激する。  オレンジ果肉は別名「ピンクネーブル」と呼ばれる希少品種のカラカラオレンジと、ブラッドオレンジの2種を使用。甘みの強いカラカラオレンジと、酸味のあるブラッドオレンジが絶妙に混ざり合い、濃厚なオレンジの味わいを堪能できる。甘みの濃さが感じられる定番のバレンシアオレンジに比べ、こちらは酸味や甘み、苦味まで感じられ、大人の味わいに。  同商品で欠かせないのがナタデココの食感。国産で丁寧に作られたナタデココは、食感だけでなく、計算された大きさと形が、やわらかいゼリーとゴロっとしたオレンジ果肉にマッチしている。ブラッドオレンジ果汁もたっぷり入っているので、ゼリーとして食べるだけでなく、カップを振ってゼリーを崩して、よりナタデココの食感を楽しむのもおすすめ。 【商品詳細】『フルーツセラピー カラカラ&ブラッドオレンジ』税込価格:172円発売日:2017年5月1日販売店舗:全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア 

弘前から1本1万円のリンゴジュース

注目を集めている1本1万円のリンゴジュース「神々の林檎」 青森県弘前市折笠の合同会社「まっかなほんと」が販売する1本1万円(720ミリリットル、税別)のリンゴジュース「神々の林檎」が注目を集めている。販売当初の2012年は50本程度の試作だったが、国内外の富裕層らが贈答用に購入し、今では年間400本ほどを販売。同社代表の農業対馬正人さん(52)は「価格に関係なく、物語性や高い付加価値を求める方に選んでもらえる商品をつくりたい」と力を込めている。 「神々の林檎」は昨年秋から今年春にかけて相次いで、大手百貨店などが参加するプロジェクトで優れた地方産品に認定されたり、食の専門雑誌によるコンクールでも評価された。皇室に献上したこともある。 原料のリンゴを、農薬や化学肥料を使わずに栽培しているのが特徴。04年に38歳で就農した対馬さんは、病害虫対策に食酢を散布するなど無農薬で栽培し、10年には県から特別栽培の認証も受けた。 ふじと王林、金星、ジョナゴールドの4品種を収穫後、春まで寒風にさらして追熟した上でブレンドし、酸味と甘みのバランスを調整。さらにきり箱に納め、和紙や風呂敷に包むなど包装にも工夫を凝らす。 1本1万円という価格について「値段を付けるときは迷った。勇気のいる設定だが、他にないものをつくりたかった」と対馬さん。 農薬や化学肥料を使わないと、リンゴの収量は一般的な栽培法に比べて5~6割程度で酸味が強くなる傾向があるという。 農家の間には、農薬を使わない園地から病害虫が広がらないか警戒する見方もある。対馬さんは病害を見つけ次第、早めに処置することを心掛け「適正に農薬を使う慣行栽培とすみ分けし、地域にも認めていただけるよう活動していきたい」と話す。 今年9月には農薬を使わずに栽培したリンゴでつくったシードルも数量限定で販売する見込み。随分と思い切った価格だな…ww 

香りまで味わう! ハーゲンダッツ『ほうじ茶ラテ』は癒しフレーバー

ハーゲンダッツのミニカップ新作『ほうじ茶ラテ』が、きょう25日より発売。風味豊かな『グリーンティー』は“お茶系フレーバー”の代表で女子人気も高いけれど、これに続く新定番にもなりそうな同フレーバー。開発のポイントと一緒に、食べてみた感想をレポート!  ほうじ茶といえば、茶葉を焙した独特の香ばしさとあっさりした口当たりが特長。フタを開けると、濃淡のあるほうじ茶アイスのマーブル模様が。開けた瞬間にほんのり感じるお茶の香りが心地よい。それぞれ別々で食べてみると、濃いほうは濃厚でミルクのコクを感じる上品な味。「苦味や渋味の少ない初摘み茶葉を使用しています。茶葉を挽いた粉を入れることで、よりうま味を感じられるようにしました」(同社開発担当)。  そして薄いほうは、後味のスッキリした口当たりが爽やか。同社によると、“香り担当”でもあり、抽出時間と温度にこだわって引き出したエキスを使っているそう。10種類以上も試作を重ねたという、2つの“ほうじ茶ラテアイス”の組み合わせ。混ざり合うごとに、奥深いのにミルキー、後味スッキリの絶妙な味わいが広がる。  手軽に食べられる、本格的なほうじ茶ラテアイス。同社のお茶フレーバーの新定番になること間違いなし! 【商品詳細】ミニカップ『ほうじ茶ラテ』税込価格:294円発売日:2017年4月25日販売先:全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、デパート 

ミサイル避難方法 HPに掲載